アイテム別メニュー

その他の設定


最初期のヒロインのラフです。
髪が大人しく優しい印象を受けたことと、怒り顔との落差が楽しめそうという理由から、3を採用しました。


最初期の先生役のマスコットのラフです。
足がウサギっぽいのに、語尾に「ぴょん」が付いたときの違和感がハンパないという理由から、1を採用しました。
デコのアレが感情と連動する設定は、わりとすぐ決まりました。


スカートの中身がモロに見えてしまっている……ように見えかねないデザインに抵抗があったため、修正。
以後、リテイクが繰り返されます。


作業中、スカートすそのプリンカラー部に注目していたら、ペチスカートに見えてきました。

スカートの下からちょっとだけ見えている別の布、フリルっぽくしてあげると、かわいいかも知れない。
アイドル的なターン多めのダンスでは、ヒラヒラと動いて、見た目にも華やかそうですし。
というわけで、2番をベースに、少しそういうテイストも取り入れることになりました。

当作ベースでトートバッグのサンプルを作る機会があれば、ヒロインやマスコットではなく、「魔法アイドル☆プリン(仮)」を採用するつもりです。
アイドル設定を活かして、大胆なグラデーションを取り入れたカラフルな衣装を着せることができ、印刷サンプルとしても向いているはず。
マンガに登場するトートバッグが現実化するという、おもしろさも狙っています。